RURAL LABO
未来の里山共創プロジェクトとは?

RURAL LABO 長期プロジェクト
「未来の里山共創プロジェクト」
〜「自己実現型観光サービス」で長野県人口600人の村を繋ごう〜

※参加者が定員に達したため、現在参加申し込みは締め切っております。

RURAL LABO初の長期プロジェクト。

長野県辰野町地域おこし協力隊と共催します!

未来の里山共創プロジェクトとは

未来の里山共創プロジェクトとは、長野県辰野町地域おこし協力隊と、「自己実現型観光サービス」”(仮称)お困りごとトリップ”を共創する約3ヶ月間のプロジェクトです。

✔️3ヶ月間でサービスの企画からテストローンチ(サービス検証)まで行う

✔️現地合宿含む

✔️地域事業立ち上げの流れを見て学べる

Peatixページはこちら

プロジェクト概要

期間:2020/10/21(水) ~ 2020/12/09(水) 毎週水曜日 オンライン

合宿:2020/10/24 ~ 25, 2020/10/31 ~ 11/1(どちらか)

参加費:無料(合宿費補助あり)

主催:RURAL LABO

共催:長野県辰野町地域おこし協力隊

(仮称)お困りごとトリップとは

長野県関係人口創出実証実験委託事業。

長野県辰野町の里山の担い手不足解消のため、地域外からツクリテを集めることを目的に考案された、

地域の”余白”や”お困りごと”と、都市部の”余力”や”熱”のマッチングプラットフォーム。

地域の余白・お困りごとを外部人材を呼び込む資源に変換するサービスです。

事業イメージ

ビジョン

プロジェクトスケジュール

メインセッション全5回 + 現地合宿 + 定例会

現地合宿について

長野県辰野町で一泊二日のフィールドワーク!

合宿概要

【日程】

  • 2020/10/24(土)〜2020/10/25(日)
  • 2020/10/31(土)〜2020/11/01(日)

※どちらかに参加

※どちらにも参加できない場合は個別で日程調整またはオンライン参加

【目的】

辰野町の資源と課題を見極め、(仮称)お困りごとトリップ事業のフィールドを知るため。

【内容】

  • 現地視察
  • 現地キーパーソンへのヒアリング・意見交換
  • プロジェクトメンバーとのオフライン交流

【合宿費補助】

  • 宿泊費全額免除
  • 交通費5,000円支給

長野県辰野町川島について

  • 人口600人弱
  • 美しい田園風景と日本でも有数の松茸山のある、自然豊かな里山エリア
  • 人気移住先ランキング、全国1位の長野県に4つしかない「移住モデル地区」の一つ。
  • 辰野町内で唯一、14歳以下の人口が社会増している、移住者から注目の地域
  • 質の高い少人数教育で全国から児童が集まる、川島小学校がある
  • 川島の景観づくりや活性化を行う「川島振興会」や、里山環境を生かして主体的に生きる力を学べる里山スクールを運営する「木の子クラブ」など、多様な地域プレイヤーが活躍している

位置

運営

RURAL LABO

小菅勇太郎

慶應義塾大学総合政策学部(SFC)1年。

株式会社Rural frontier経営企画室室長, コミュニティ事業事業責任者。RURAL LABOの立ち上げを行い、現在も企画運営責任者を務める。

「誰もが自分にあった面白い生き方を見つけ、選択し、歩める、人生の選択肢の多い社会」を作ることをビジョンに掲げ、ビジネス x 地域創生の分野で活動中。

 

西村優一

東洋大学文学部教育学科 1年。岐阜県出身。

RURAL LABO 企画運営。本プロジェクトでメインファシリテーターを務める。

地元岐阜県の地方創生実現を「教育」の面から目指す。

 

梅原稀来

東洋大学国際学部国際地域学科3年。東京都出身。

RURAL LABO広報担当。

RURAL COFFEEのアルバイトとして日々都心における地域との関わり方やコミュニティづくりの分野で活動中。

長野県辰野町地域おこし協力隊

北埜航太 (仮称)お困りごとトリッププロジェクト企画設計・広報

辰野町地域おこし協力隊、編集会社 あわい代表 東京都出身。

学習院大学を卒業後、PR会社、 WEBメディア「ハフポスト」のクリエイティブディレクターと して企業プロモーションに携わり、現職。本PJの企画設計(コンセプト設計、地域のお困りごと発掘等)、広報などを担う。

 

鈴木雄洋 (仮称)お困りごとトリップビジネスプロデュース

辰野町地域おこし協力隊 移住・定住担当(空き家バンク運営管理、移住・定住者支援、関係人口創出)宅地建物取引士。

青山学院大学経済学部卒、新卒にて財閥系デベロッパー「三井不動産レジデンシャル」入社。首都圏(東京23区)及び関西圏(大阪、神戸、京都)にて、新築不動産を通してのまちづくりに従事。(都市開発事業企画部主任、営業所長)

2020年4月より、あるものを活かす事によるまちづくりに転身。(空き家バンク運営・管理)これまでの経験を活かし、地域にあるリソース、面白い人・コトの情報を収集し、何かできないかな〜と日々思索中。